患者の皆様へ

各種健診のご案内

1.申込方法

予約制になっておりますので電話にて下記までお申し込みください。

平日 平日 8:30~17:30(土・日・祝  年末年始は休み)
TEL 0950-57-2155
FAX 0950-57-2096
健診担当 後藤

2.申込時の確認事項

ご予約時には下記について確認させていただきます。

■ 加入されている健康保険組合の名称
■ 希望のコース及びオプション検査
■ 希望の胃検査の種類
  ※透視検査(バリウム)又は内視鏡検査(胃カメラ)の選択制となっています。
■ 個人情報として 会社名、名前、生年月日、性別、住所、電話番号

健診コース 料金(税抜き)
Aコース 2,600円
Bコース 6,000円
日帰りドック 30,000円
1泊2日ドック 60,000円
脳ドック 25,000円
肺がんドック 15,000円
日帰りドック+脳ドック 50,000円
日帰りドック+肺がんドック 40,000円
1泊2日ドック+脳ドック 80,000円
1泊2日ドック+肺がんドック 70,000円

※ 労働安全衛生法66条第1項により、
  (34歳以下・36歳~39歳迄の方はAコース)(入職時35歳・40歳以上の方はBコースの受診)が義務けられています
※ ご希望により、注腸検査、・大腸ファイバースコープなどの検査も追加できますのでご相談ください。
  この場合1泊2日となります。

一般健診コース

健康診断項目 Aコース Bコース
問診 既往歴及び業務歴の調査
自覚症状及び他覚症状の有無
生体検査 身長、体重、視力、色覚、聴力
血圧
レントゲン 胸部エックス線検査(1方向)
血液学的検査 貧血(赤血球数、血色素量)
生化学的検査 肝機能検査
脂質検査(総コレステロール、中性脂肪、HDL)
糖尿病検査(血糖グルコース)
尿検査 尿中の蛋白の有無
生理検査 心電図

人間ドック

健康診断項目 日帰り 1泊2日
問診 既往歴及び業務歴の調査身長、体重、視力
自覚症状及び他覚症状の有無
生体検査 身長、体重、視力、色覚、聴力
血圧
眼底検査
レントゲン 胸部エックス線検査(1方向)
胃透視(若しくは胃カメラ)
血液学的検査 貧血(赤血球数、血色素量)
血液像(白血球数、HT、血小板
血沈検査
生化学的検査 肝機能検査
肝機能検査②(ZTT、TTT、総・直接ビリルビン、CHE)  
脂質検査(総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)
脂質検査②(LDLコレステロール)
糖尿病検査(血糖グルコース)
糖尿病検査(ヘモグロビンA1C、ブドウ糖負荷試験)
腎機能(クレアチン、BUN、電解質)
痛風(尿酸)
膵臓検査(血清アミラーゼ)
免疫学的検査 梅毒検査
CRP検査(炎症)
リュウマチ(RA)  
肝炎(HBS抗原、HCV抗体)
腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、PSA-ACT)  
尿検査 尿中一般物質定性判定量検査
沈査
生理検査 心電図
超音波検査(腹部エコー)
内視鏡 胃ファイバースコープ(若しくは胃透視検査)
泌尿器 前立腺検査  
大腸 便中ヒトヘモグロビン
直腸診
呼吸機能検査 肺活量

脳ドック・肺がんドック

健康診断項目 脳ドック 肺がんドック
問診 既往歴及び業務歴の調査
自覚症状及び他覚症状の有無
レントゲン 頭部4方向撮影検査
脳MRI、MRA検査
胸部X線検査(2方向)
胸部CT(マルチスライス)
整理検査 超音波検査(頸動脈エコー)
細胞診 喀痰細胞診

その他の健診

健診コース 健康診断項目
日帰りドック+脳ドック 1泊2日ドック+肺がんドック
日帰りドック+肺がんドック 日帰りドックの健診項目と肺がんドックの健診項目を合わせたものです
1泊2日ドック+脳ドック 1泊2日ドックの健診項目と脳ドックの健診項目を合わせたものです
1泊2日ドック+肺がんドック 1泊2日ドックの健診項目と肺がんドックの健診項目を合わせたものです

特定健診

特定健診とは?

平成20年4月から健康保険に加入している40歳~74歳を対象として生活習慣病予防の為の健診や保健指導が行われています。
この健診を「特定健診」といい、必要と判断された場合の指導を「特定保健指導」といいます。

目的

内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。
生活習慣病は自覚症状が無いまま進行する為、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導が行われます。

健診内容

基本項目
身長、体重、腹囲、血圧測定
血液検査・・・AST ALT γ-GTP 中性脂肪 HDLコレステロール グルコース LDLコレステロール
尿検査
質問票の記載・・・国が定めた項目に関する質問票の記載
医師の診察

詳細な項目(医師が必要と認めた場合、前年度の検査結果が基準を満たした場合のみ実施)
血液検査・・・貧血検査
心電図検査
眼底検査

受診したい時には・・・

■ 加入されている保険者への申請が必要です。その後、「特定健診受診券」が交付されます。
■ 来院時には、保険者から発行された「特定健診受診券」、健康保険証が必要となります。
■ 原則予約制となっておりますので、お電話にてご連絡お願いいたします。
■ 血液検査の結果が食事に影響しますので、食後10時間以上空けてください。
■ 料金は保険の種類ごとに違います。
※ご不明な点等ございましたら、お電話にてお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ


このページの先頭へ