部門のご紹介

放射線科

放射線課のご紹介

放射線科では時間外(休日、夜間)でも撮影ができるように技師が待機しておりますので、緊急時のCT,MRIの撮影も可能です。
また平成20年にはX線テレビ撮影装置が更新となりました。

新装置ではフラットパネルデテクター(FPD)を搭載した広視野で高精細な画像を撮影することができます。
この事によりすべての写真をデジタル化できる為、平成22年4月よりPACSを導入しフイルムレスシステムを実現し、すべてのX線写真と胃カメラの画像をデジタル画像としてサーバーに保存する事ができました。
画像診断に関しては、画像診断の専門医、主治医による画像のダブルチェックを行うことにより、より精度の高い診断を行うことができます。

又各検査の予約センターとしての機能もあります。
CT,MRI、超音波検査、胃カメラ、血管造影、胃透視など予約を原則として検査しております。
予約外での検査も可能ですが、予約が多いときはしばらくお待ち頂くこともありますし、他の日時に予約をしなければいけない場合もあります。

主な医療機器

一般撮影装置(CR) CT装置(16列マルチスライス)
MRI装置(1.5テスラ) X線テレビ装置(FPD搭載)
血管撮影装置 骨塩量測定装置(DXA法)

医療機器

GEヘルスケア optima MR360 advance


このページの先頭へ